ねぇ、聞いて聞いて。

日々のいいなあ、と思ったことを書いたり弱音を吐いたりするブログ。銭湯・ラジオ・中央線沿いの街をこよなく愛してる人。 ときどき、おうちごはん日記。

断捨離記録/ミニマリストにはまだなれない/昔の青春が捨てられない

断捨離記録


買ったけど美味しくなくてこりゃ飲みきれないと思ったデカフェのコーヒー豆と
カルディの豆乳を淹れると台湾のなにかの料理が出来る素。

夏バテで食べられなかった日が続いて
怪しい気配を漂わせ始めたのみそ汁と豚肉。

もったいないとは思って消費しようと頑張ったけどキツかった…。

この時「なんか食べとかなきゃ」と食べられたのはクッキーぐらい。
ボリボリ食べてた。

ご飯自体が食べられなかった上に味が受け付けないので
しょうがない…とは思うけども食べ物は捨てるときに本当に心が痛む。

これから本格的に暑くなるし、捨てずに無理なく
栄養補給できる方法と対策を考えなきゃ。

使い込んでややごわごわになったタオル。

何回かつけ置き洗いをしていてその度にいい感じに復活していたタオル。

今回もつけ置き洗いすれば復活するような気配をしていたけども
なんか新しいタオル使いたいなと思ってまだ使えそうなのに捨てて
新しいタオルを注文した。

届いた真新しいふかふかのお気に入りタオルにテンションがあがる。
うん、気持ちいい。

ずーっと我慢して使っていた無駄に幅広めなハンガー

服を手に取るたびに地味にストレスになっていたハンガー。

幅42cmぐらいのやつだったのだけど
女性ものの服しかないのでそこまで幅の広いハンガーいらないし、
服をかけるときに首から入れづらくていいことがなかったから
元の幅広ハンガーは捨てて、ニトリで女性用の36cmのハンガーを買い足して入れ替え。

ハンガーラックの改革を起こした。

今のところ、結構快適になってよき~

ずっと捨てようか迷っていたけど、捨てる踏ん切りがついた服。

その服に合う季節になったので着てみるとアチャー似合わん。

他にももう着ないなぁという服や
デザインは気に入っているけど着ぶくれするなぁといった
モヤッとする服を連鎖的に捨てられた。

まだ履けるけど、手に取るたびに若干憂鬱になるボロボロになってきた下着類。

使えるし、機能的に問題はないのだけど
レースがボロボロになって見た目汚い。

別に使えるからいいっちゃいいんだけど
履くたびになんかみじめな気持ちになるのが
長い事気になっていたので、やっと捨てて新しい下着を注文した。

てか、なんで女性ものの下着って絶対にどこかしらにレースつけちゃうの?
レースさえなければ気にせずにもっと使えたのに。

…ここまで、結構いろいろなものを断捨離して
機能性に問題があるものは新しいものを買ってアップデート。

軽く書くつもりだったのに、つらつら書いちゃった。

結構捨てた感はあるけども、
まだまだ物は多いし考えて捨てなきゃいけないものがある。

これからも、ちみちみ断捨離していこうと思う。

ミニマリストにはまだなれない

ここまで断捨離をして無駄なものは省いて
おうちの快適度がややアップ。

目指すはミニマリストのシンプルで必要なものだけが並んだ
気持ちよく生活できる快適で機能美を感じる生活。

無駄な服がなく、着回ししやすい
最低限の数の服が並んだ整然としたクローゼット。
朝、服を着る時に迷わない見ていて気持ちのいいクローゼット。

憧れる!

なんて思いつつ、まだまだ着回しづらい柄物の服やら
かわいい小物が大好きで、便利で気になるものがあったら買っちゃう
物は多いけどこの生活が心地よいと感じる自分と

そんなごちゃごちゃしているところに少し嫌気を感じるので
やっぱり機能美とシンプルさを追求した
ミニマリストに憧れちゃう自分が攻めぎあってる。

うーーーん、むずかしい~

昔の青春が捨てられない

いまやまったく見なくなった学生時代に集めていた画集。
同人誌もあるのでもう手に入らないものも沢山ある。

その当時、アニメやゲームが大好きで絵を見るのも描くのも好きだった。

好きなアニメやゲームの原作絵を見るだけじゃ飽き足らず
個人の創作イラストをpixivでめちゃくちゃ見まくっていた。

公式が描いた原作絵じゃなくて個人が好き好きに描いた二次創作の絵。

ドンピシャに可愛くてキラキラしてて、
今まで読んでいたりぼんだとかちゃおだとか
少女漫画のような絵柄じゃない絵がとても新鮮で。

個人個人が好き好きに描いた絵のひとつひとつを見るたびに
新しい世界を覗いているかのようなワクワクがあった。

その中には初めて見た時に可愛すぎて、好みの絵柄すぎて、
毎日毎日ホームページを何回も見に行って隅々まで画像を保存して
模写したイラストレーターも居て拍手ボタンから熱いメッセージを送って
返信をもらってものすごくはしゃいでいたこともあった。懐かしいな。

そのイラストレーターの画集は個人で制作している同人誌しか出ておらず
ちょうど出会ったときに発売されていた同人誌はもちろん買った。
学生にはめちゃくちゃ痛い出費。でも欲しかったし大好きだった。

そのうち、もう発売が終わってしまった同人誌も欲しくなって
中古同人誌通販の駿河屋を張ってなんとか手に入れた同人誌もあって
それを手にした時のワクワク感は今もその同人誌を手に取るたびに思い出す。

私の青春といえば、これ。

そこから時が進み、学生時代から社会人になって
絵に対する時間も熱量もなくなってきて、その同人誌や画集もほぼ見なくなった。

見る時は断捨離をしようと本棚を開けるときぐらい。

でも、捨てよう、整理しようという気持ちで本棚を開けて
よっこいしょと同人誌や画集を何回も何回も
「もう見なくなったし捨てようかな」と思って出しているのに

パラパラッとめくるたびにあの当時の青春と、
やっぱり好きだなぁっていう気持ちが込み上げてきて、捨てられずにいる。

今回もまた出してみたけど、やっぱり捨てられない。

やっぱり、好きなんだよな。

と、また大切に本棚の奥へしまう。
自分でも無意識に大切に思っていた、あの時の青春を。

今週のお題「捨てたい物」

東京都港区「麻布黒美水温泉 竹の湯」

良質な温泉の銭湯で番頭も優しい
東京都港区「麻布黒美水温泉 竹の湯」がとっても良かった〜!

温泉名「黒美水温泉」
その名の通り、とにかく真っ黒でとにかく珈琲のような色の黒湯の源泉かけながしの銭湯で

色とは裏腹にお湯がとても柔らかくて、湯質がとてもよい!
とろとろぬるぬるなので不感温湯や炭酸泉に浸かっているかのような
とにかく刺激がないお湯なのでずっと浸かっていても、疲れず
やさしいお湯で源泉の香りも相まって、とても心地がよい…。

水風呂も源泉で14℃で設定されている結構キンキンめの水風呂なのだけど
まるで19度ぐらいの水風呂に入っているかのような刺激のなさ。

普通の水のお風呂と、この源泉だと同じ温度の湯でも感じ方がかなり違う。

でも、上がったあとはずっと優しい温かさが続くお湯で
お肌もつるつる。上がった後も気持ちいい~!

新高円寺にある「ゆ家 和ごころ 吉の湯」でこちらの温泉が
入ったつぼ湯がいい香りで気持ちよかったので
本家に行ってみよう!と思っていったのがきっかけで行ったのだけど
本家はやっぱり濃厚さが違うなぁ。いやぁ、とてもいい。

お風呂の種類は40℃・42℃のジェット風呂・水風呂・サウナと
お風呂の種類は少ないけどもかなり濃い源泉なので
贅沢な気分になれるし、とても満足。

店主もとても親切で、お湯のあたたかさと共にに気持ち良い銭湯でした。


最寄り駅の「麻布十番駅」周辺をぱしゃり。

ふと見つけたカレー屋さん?の弁当が安くなっていたので
買って帰ったら美味しかったな。

えっ38℃?/どしゃぶり雨の最悪状況で見つけるラッキー/はじめての投票

えっ38℃?

ちょっと待って。

7/7の今日(この記事を書いている今)

天気予報を見ると最高気温38℃。

えっ?お風呂やん。

これ外出ちゃいけないんじゃない?
会社とか休みにするべきなのでは。

あんまりにもびっくりして思わず記事にしたくなった。

年々、地球がすごいことになってきている。

なんか外のにおいがアスファルトが焼けたようなにおいがするというか
そのさらに上の段階?のようなにおいするもん。

さすがにもう今年は日傘とかの日除けグッズを使わないとキツいかな~
と思って完全遮光帽子を買ってみたのだけど、
はたしてこの暑さに太刀打ちできるのだろうか。
日傘まで手を出さなきゃいけないかな…7月でこれだもの。
この段階で不安になってくるびっくり仰天な暑さ。

みなさんも、熱中症など気をつけてください。

無理せずクーラーをつけて、ごはんと水分をしっかり。

と、いいつつも私は既に夏バテで
きちんとごはんを食べれてない日々です…。

そんなことを書きながら洗濯物を干すために
ベランダへ出たら近所のおうちがさっそくプールを出して
子どもたちがキャッキャッと遊んでて癒やされた。
見ているだけで涼まる。

私もアイスコーヒーを飲みながら、涼もう。

どしゃぶり雨の最悪状況で見つけるラッキー

7/6

用事があったものの、忘れ物をした所為で別の日に。

自分の至らなさで一日をふいにしてしまった上に
今日はカンカンに暑い日だから洗濯物を干して出かけようと
外出したら天気予報の日付を見間違えてて、まさかの出先でどしゃぶりの雨。
暑いのは次の日の7/7だった。せっかく干した洗濯物が台無し。
出先で雨に振られてしまったので傘も持ってきていない。

ジャーーーッ!!と空からバケツをひっくりかえしたかのような雨で
雨がすごすぎて駅から出られず警報が出るレベルの雨。
傘を持っている人ですらみんな駅で立ち往生するレベル。

滝の近くにいるような、地面に落ちた雨が
そのまま水蒸気になるミストサウナ状態になっていてすごかった。
なかなかない光景。

もーーーー散々。最悪。なにもかもが上手くいかない。
なんでよりにもよってこんな雨なのよ。
行きたかったお店にも行けない。
貴重な休みが…。

どうしよ、となんとなくTwitterをみると
そんな雨をめずらしい光景としてTwitterで投稿されていて。

「あ、最悪だと思ったけど他の人から見ても
めずらしいこの光景に立ち会えたんだ」
とちょっとうれしくなった。

いろいろ諦めて帰路につく途中で入ったご飯屋さんも美味しかったし

帰り際に店員さんが「傘、どうぞ」と
忘れ物の傘をくれて、心があたたまった。

本当に最悪な一日だったけども、
ちょっとの発見と嬉しさのおかげで心が楽になった一日。

はじめての投票

はじめて、選挙に参加した。

高円寺に越す前は特に愛着のない県に住んでいたので
県知事がどんな人であろうと、どんな政策を打とうがどうでもよかった。
自分の生活にも気持ちにも余裕がなかったし。

そこから大好きな高円寺、政治の影響力が強い東京に住むようになってから
度々目にする東京の都知事という、全国で誰が選ばれるかが注目されて
報道がよくされる強い立場の人を選べる投票券が郵送されてきて、
選ばなきゃ大好きな高円寺、東京がどうなるかわからない。

そんな状況になったのではじめて選挙に参加することにした。

私は特に強い思想もこうなってほしいというのもなく
巷で騒がれているような人がなってほしくない程度の気持ちでふんわり投票した。

でも、Twitterでいろいろな人が立候補者に対して気持ちを述べているのを見ると、
やっぱりもっと他にいい人がいたんじゃないかと思い始めた。

今回投票した人が正解だったとしても、やっぱり政治に対して知らなさ過ぎる。

だから、今回はふんわり投票してしまったけども
今度はきちんと「知った」上で精査して投票したいな。

ただ、一つ。政治に直接関係はないのだけど。

毎年毎年この時期になると素敵な作品や言葉をつくりあげていた人が
急に政治思想強めの自分の信条を押し付けてくるような
発言をしてくるのがとても苦手。

「〇〇しろ!」「許さない!」とか強めの発言。

選挙の話はするな、というわけではなくて口調や言葉の選び方がキツい。

これが普通の言葉選びの発言だったらいいし別に誰を選んでくれてもいい。

けど、強めな口調でここまでグワッと思想や信条をぶつけられると
その人が作り上げてきた絵や言葉の空想の世界が好きだったのに
急にその人の現実世界での思想や信条がグワッと出てきて。

「世界がおかしい。私がただしい。」って主張してきて。

素敵な空想の世界の作品だったのにその作者自身の顔や
信条や思想がチラつくようになって作品が楽しめなくなって
フォローを外してしまう時がある。

だから、この時期があまり好きではない。